1.パソコンを使用する前に(目的の明確化が大事)
   何事かをはじめる前には目標を立て、更に目標を より明確化することが大事だ。”今更言ってくれるな”  という感じなのだが、あまり固まった目的意識はいらない。  右にある様な目的で取り合えず十分。 1はインターネット接続の環境が無くても可能だが、 2.3.4.はインターネット接続の環境が必要となり、各種回線  環境(ADSL、Bフレッツ,有線サービス等)と インターネットサービスプロバイダー(ISP)との  契約が必要となる。中古パソコン(3-4万円)と毎月 NTT,ISPに合わせて3-5千円を支払い、使い方が  分かれば快適なPCライフが待っている筈なのだが、...  そう、そういう風にうまく行かないのダー!!! --- これには理由がある、 つまりあまりに固まった過剰な目標達成意識が 間違った方向に力を掛ける結果になるのです。..ハイ合掌。 我々は既にコンピューターについて良かれ悪しかれ なにがしかの観念・先入観念を持っています。 これが意外にパソコンを前にして余計な緊張感を生じさせます。 そこでなにより一番良い方法はPCに詳しい相談相手を 確保することです。場合によってはパソコン教室のかわいい インストラクターでもよいのですが、 ここでは中年団塊世代の高きプライドが邪魔して人に聞けない オジサンたちを主な対象としてこの講習を以後を行います。 卒業校のプライドもあり、 比較的格調の高いムードを堅持したいのですが、... --- 第一に人類が作った最も複雑な機械と云われるコンピューターを そんなに簡単に動かせると思うこと自体”固まった過剰な 目標達成意識”なのです。 そうで無ければ悪いコンピュータメーカーの宣伝 にすっかりだまされているか、どちらかなのです。 あるいはその両方なのです。 実はこの”複合洗脳”が一番多い症状なのですが、... --- まずコンピューターの常識として、 @ 動かない A 壊れる(壊す?) B 分からない、判らない、解らない のは当たり前、毎日起こる事と心得るべきこと。 --- 次にコンピューターの常識として 上記トラブルに対応すべく 適切な対応を行う事が出来る様、バックアップ、復元方法、 トラブルシューティングなど、常に用意を怠らないこと。 --- つまり、 コンピューターメーカーやソフトメーカー を信用してはならない。 信じられるのは自分と仲間だけです。 コンピユータはまずシンプルに使うべし。 あれもこれもやりたいといった 使用法は当初控えるベシ。 本日は終了。 2回目へ

今日のPOINT 1
  おすすめの使用法は     1. 表計算やワープロや スケジュール管理に   2. WWWで情報収集・ショッピング・ やチャットに   3. 電子メールでコミュニケーションを  4. BLOG,ホームページを作成し 情報発信 5.簡単なトラブルシューティング(修理) が出来ること(目標とは言わないか?) あれもこれもやりたいという 使用法は当面控えるべし。 音楽もダウンロードしたい、 TVも録画したい、大人のサイトも見たい デジカメの編集もしたい、 メールもやりたい。 といったような複数の希望を抱かない事!! 当初は目的を2つ位にして シンプルにすること。 初期の目的を達成すれば それらは自然に次のステップ で移行可能です。
本当のPOINT
@ 動かない A 壊れる(壊す?) B 分からない、判らない、解らない のは当たり前 毎日起こる事と心得るべきこと。 そして.簡単なトラブルシューティング (修理)が出来ること(必須)

Sun Microsystems
最新サーバ
Fire E6900